2017年活動報告(平成29年)

10月29日 第65回全日本吹奏楽コンクール

2017年10月29日、倉敷市民会館(岡山県倉敷市)にて開催された「第65回全日本吹奏楽コンクール」に出場し、前半の部において金賞を受賞いたしました!
ここまで応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

今回選曲した自由曲は、「ラッキードラゴン~第五福竜丸の記憶~」。

1954年3月1日、太平洋マーシャル諸島近海で操業中に不幸にも水爆実験に巻き込まれてしまった第五福竜丸は、かつて静岡県焼津港にその船籍をもつマグロ漁船でした。
当初は「第七事代丸(ことしろまる)」という名のカツオ漁船として、1947年に和歌山県で建造されました。今年2017年は建造から70年。船体の実物は、東京都江東区夢の島公園内にある「都立第五福竜丸展示館」に今なおその姿が残されており、関係資料などと共に現世に核兵器の恐ろしさと平和への願いを伝え続けています。

その第五福竜丸の記憶をつぶさに辿るように、きめ細かい表現が幾重にも連なるこの曲を、浜響吹らしさを存分に加えたサウンドに仕上げようと、団員が一丸となって練習を重ねて参りました。
団員一人一人のその努力が最高の結果となって実を結んだことは、私達にとって大変大きな励みとなりました。
これを糧にまた浜響吹は前進していきます。今後ともご声援のほど、よろしくお願いします。

5月27日 プロムナードコンサート

2017年5月27日、JR浜松駅前北口広場「キタラ」にて開催された「プロムナードコンサート」に出演いたしました。
このプロムナードコンサートは、(公財)浜松市文化振興財団が主催するコンサートで、毎年4月~10月の毎週土曜日に、浜松の玄関口・JR浜松駅前にて開催されています。小学校から社会人まで様々な吹奏楽団が出演する、音楽の都浜松きっての名物イベントです。
会場が屋外ということで、雨天中止になってしまうこのコンサート。前日まで雨が降り続いており開催できるか少々心配でしたが、当日はとても良い天気に恵まれました。
しかし、毎年出演してきた私達にとっても初めてというくらいの強風で、少々悩まされました。

先日の定期演奏会で演奏した曲を中心に、計6曲を演奏いたしました。
ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

プロムナードコンサートを終え、浜松交響吹奏楽団はこれからコンクールシーズンに突入となります。
演奏会のような形で皆様に演奏をお届けする機会は少しの間お休みになりますが、皆様により良い演奏をお届けすることができるよう、コンクールを通して演奏技術の向上に団員一丸となって取り組みたいと思います。
応援よろしくお願いいたします!

※コンクール当日の様子や結果は、随時こちらのページおよび当楽団Facebookページで報告させていただきます。

5月14日 第44回定期演奏会

2017年5月14日、アクトシティ浜松 大ホールにて第44回定期演奏会を開催いたしました。
前日の雨が嘘のような大変良い天気に恵まれ、爽やかな絶好の演奏会日和となりました。

およそ2,000名もの沢山のお客様にご来場いただきました。ご来場くださいました皆様、本当にどうもありがとうございました。団員一同大変喜んでおります。

今回は、当楽団音楽監督・常任指揮者 浅田享の「長年出場指揮者表彰」受賞記念、また全日本吹奏楽コンクール通算15回出場・金賞受賞を記念した演奏会でした。
会場ロビーには、過去15回分の賞状のすべてと、特別表彰の賞状を展示させていただきました。

開演に先立ち、去る3月18日に兵庫県尼崎市で開催された「第40回全日本アンサンブルコンテスト」において金賞を受賞した木管八重奏による「鬼姫 -ある美しき幻影-」を演奏いたしました。
コンテスト本番の緊張感そのままに、木管楽器による大変柔らな、そして時として力強いサウンドを会場全体に響き渡らせました。
コンテストが終わった後も、メンバーはこの日のために猛練習を重ねて参りました。お客様の暖かく大きな拍手によって、その苦労が報われたような気がいたします。

第一部は、本年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」のオープニング曲、「天虎~虎の女」で幕を開けました。
地元・浜松が舞台の大河ドラマ。毎週楽しみにご覧になられている方も多いのではないでしょうか。
今回の演奏は、NHKより特別に許諾をいただき、当団打楽器奏者の藤森健次が吹奏楽版にアレンジしたものを使用しました。
また、この曲には欠かすことのできないピアノは、ピアニスト・織茂学さんによるきめ細やかで繊細な演奏で輝きを放ちました。
ドラマの世界観を表現できていましたでしょうか?

今回のゲスト・天野正道氏の楽曲より、第一部では「シネマ・シメリック」、第三部では「『GR』より シンフォニック・セレクション」と、「『GR』より 明日への希望」を演奏いたしました。
シンフォニック・セレクションの演奏後、天野氏をステージ上にお招きし、少しの時間ではありましたがお話を伺うことができました。
去る1月28日に神奈川県川崎市で開催された「天野正道60thアニバーサリーコンサートツアー 川崎公演」に続き、天野氏の還暦を会場の皆様と共にお祝いすることができました。

また、昨年の定期演奏会直前に急逝した真島俊夫氏への感謝の想いを込めて、第一部では「レント・ラメントーソ」、第二部では「真島俊夫の世界」と題し、「ワンノート・サンバ」、「シーガル」、「スペイン」を演奏いたしました。

最後はすっかりお馴染みとなりました、「バーナムとベイリーのお気に入り」を演奏して終演を迎えました。
織茂さん、天野さんにも演奏に加わっていただきました。どちらにいらっしゃるか捜してみてください!
クリックで拡大します。

ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。
次回、「第45回定期演奏会」もご期待ください!